★青汁日記★

青汁粉末をトマトスープに混ぜてみた!

我が家ではよくトマトスープを作ります。いわゆるミネストローネというやつです。冷蔵庫の野菜室に残ったキャベツ、人参、玉ねぎ、ピーマン、ベーコンなどなど・・・スープに合えば何でもいれて大丈夫です。この手のスープって、デトックス効果も高いらしいです。その上おいしいですし、飽きません。
 トマトホール1缶にコンソメスープの素が2〜3個でしょうか(ここは好みで)、野菜を小さく切って煮込むだけ。味を調えるために塩コショウを入れましょう。水の量は「もうちょっと入れようかな?」と思うくらいがおいしいと思います。野菜の水分も出ますので少し控えめなくらいがいいのでは?と。もうちょっと味を濃くしたい人は、市販のトマトケチャップを入れても大丈夫です。
 いつもはこのスープにバジルの粉末を散らしていたのです。バジルは煮込まない方がおいしいとかで出来上がりに散らしていました。バジルの代わりに散らして下さい。あんまりいっぱい入れると味が変わるのでそこそこにしましょう。本来なら、煮込んでたくさん摂取したいのですが、酵素などが熱で破壊されるので食べる直前に散らす方がよさそうです。
 パスタ系の食事にも朝食がパンのときにも合いますし、残ったらゆでたパスタを入れてお昼に食べることもあります。最後まで食べられるスープなのです。このスープに青汁粉末を入れたらもっと栄養価が高くなりますし、それこそ知らないうちに青汁摂取が可能ですのでおすすめです。

その他のコンテンツ